軽貨物運送と他の運送業との違いは?

軽貨物運送と他の運送業との違いは? 軽貨物運送と他の運送業はどちらも同じ「貨物自動車運送事業法」に基づいていますが、扱える車両や運べる荷物などに違いがあります。
軽貨物運送の正式名称は「貨物軽自動車運送事業」で、運搬用の軽自動車を利用して運送や配送する事業のことを指します。荷主から直接荷物の運送依頼を受けて指定された場所に届けることが業務で、法人化しなくても個人事業主として行えることが特徴です。事業開始に当たり特別な条件などもなく、地方運輸支局へ届出を行い車を用意できればわずか1日から2日程度で開業することが可能です。一方、他の運送業は「一般貨物自動車運送事業」と呼ばれ、ナンバープレートの色から「緑ナンバー」の別名があります。三輪以上の軽自動車や二輪車を除く自動車が使用可能で、軽貨物運送と異なり大量の荷物を運送可能であるため、ある程度以上の規模になると必然的に一般貨物運送となります。地方運輸支局に申請を行うのは同じですが、最低でも5台以上の車両と5名以上のドライバー、1名以上の運行管理資格者と整備管理者が必要となっています。

軽貨物運送の登録に必要な条件とは

軽貨物運送の登録に必要な条件とは 軽貨物運送の登録をするのに必要な条件とは何かというと、色々あるので詳しく見ていきます。まず軽車両を用意するという点です。これがないと始まりません。ワンボックスカーや軽トラック等、どういう荷物を扱うのかや予算も考えながら自分に合った車を用意しましょう。
また軽貨物運送業を始める場合、営業する場所を管轄している運輸支局へ必要書類を提出しなければなりません。必要書類とは営業所の場所や仕事で使用する車両の数が記載された、軽貨物自動車運送事業経営届出書と、時間や距離単位でどれ位の運賃がかかるのかが記載された貨物軽自動車運送事業運賃料金表です。このサイトでは、現在の日本国内で主流となあっている軽貨物運送について詳しく解説をしていきます。他にも仕事で使用する軽車両の詳細が記載された事業用自動車等連絡書も、合わせて用意する必要があります。なおこの書類に記載されていない車は仕事で使用出来ないので注意しましょう。それから仕事で使用する車の車検証のコピーも提出しなければなりません。これらの書類を運輸局に提出したら、黒ナンバープレートの申請を行います。これらが軽貨物運送の登録に必要な条件となります。