軽貨物運送は届け出が必要

軽貨物運送は届け出が必要 最近は自分で起業をしてビジネスを始める人が多くなっていますが、そのビジネスのなかには軽貨物運送をやりたい思っている人も少なくありません。軽貨物運送(黒ナンバー)とは、軽貨物自動車或いは125cc以上のバイクを利用して貨物の輸送を行う運送業を言います。軽貨物運送を開始するには営業所を置く都道府県の運輸支局への届け出が必要となってきます。その際の手続きに要るものは①貨物軽自動車運送事業経営届出書(提出用と控え用の計2部)②運賃料金表(提出用と控え用の計2部)③事業用自動車等連絡書④車検証で、新車の場合は車台番号が確認できる書面(完成検査証など)です。

軽貨物運送を始める基準として施設は車庫が必要で、それは営業所と併設していれば望ましいですが、できなければ営業所から2キロ以内までなら大丈夫で、車両数は軽トラック1両から営業可能です。車両の自賠責保険や任意保険の加入が必要です。不明な点があれば運輸支局へ尋ねるのが適当です。

軽貨物運送をするときに必要となる損害賠償能力

軽貨物運送をするときに必要となる損害賠償能力 軽貨物運送は免許を持っていれば、誰でも開始しやすい仕事ですが、荷物を運ぶことになるので責任を伴うことになります。軽貨物運送ではフリーで働いている人も多く存在しますが、そのようなフリーの立場で働いていると給料をたくさん得られる見返りに、コストが発生したときの負担の責任も負わないといけないです。
損害賠償能力を求められるケースもあり、そのような場合は業務で発生した損失を賠償できるように保険に加入しておかないといけません。

運送保険が存在するので軽貨物運送を開始する場合は、早めに運送保険に加入をしておくのが大切です。保険によって補償される内容に違いがありますから、損害賠償能力を確保するには内容が充実している保険商品に加入をしておくと安心できます。内容が充実している場合は保険料も高くなりやすいですが、仮に大きな損害が発生したときに助かりますから、多少の費用は気にせずに負担しておいたほうが仕事に集中できる筈です。