軽貨物運送の問題点を解説

軽貨物運送の問題点を解説 軽貨物運送のドライバーとは、業務委託として請け負っているドライバーが多くなっていますが、いくつものメリットがある一方で問題点も指摘されている事が事実です。
軽貨物運送業は個人事業主扱いとなっているケースがほとんどですので、毎日の配送がシフトで当てられますので仕事を休む事ができないのが問題点でもあります。起業を検討している方もいらっしゃるかと思いますが、教務委託で仕事が割り当てられているため、好きに休日を入れる事ができません。
そして軽貨物運送の個人ドライバーに関しては、ガソリン代やメンテナンス代などは全て自分の負担で対応しなければいけないというのも、金銭的なデメリットとなります。ガソリンの値上げなどには常に意識しておきながら、できるだけ安価で燃料やメンテナンスを完了する方法も模索する必要があります。
また確定申告なども自分で行う必要がありますので、時間や手間も多くかかってしまう事が大きな問題ともされています。

軽貨物運送業のおもな仕事内容と得られる報酬額

軽貨物運送業のおもな仕事内容と得られる報酬額 ネット通販で買い物をした際、必ず輸送トラックで購入した商品が手元に届けられます。この輸送トラックを使用した仕事のことを軽貨物運送業と言います。
日本では約250万人もの方がこの業種に携わっており、大型から中型。小型車両を操って仕事に従事されているわけです。軽貨物運送の仕事内容を簡単に見ていくと、搬入から搬出そして輸送の3つを担っています。
まず最初に依頼先に出向いて届ける商品を受け取りますが、このとき自身が運転してきた車両に荷物を載せるのが搬入といいます。その後輸送をおこない、目的地で下ろすことが搬出です。さらの事業所に戻った際は輸送をおこなった商品のチェックもしなくてはいけません。
昨今は個人事業主として軽貨物運送業を成される方が多く、この場合に手にできる報酬は出来高制となるのが基本です。運んだ荷物に応じて報酬額がかわるのがそれにあたりますが、事業所に在籍されている方の場合は固定給となり、月額約35万円前後が相場です。